サイトマップ(記事早見表)
教材・参考書 紹介

【1分間英語音読】やってみた感想と評価、得られる効果。初心者にはおすすめな1冊。



【完全版】TOEIC900までの教科書

1分間の英語音読をやってみました。
この教材のいいところは1分間の勉強でいいところです。

「3時間やれ!」と量ばかり推してくる英語学習界ですが、「1分間だけいい」なんて教材はどこにもありません。

難易度は中学生レベル。
それも含めてこれから英語を始める方続ける自信がない方におすすめな1冊です。

今回は1分間英語を音読をやってみた感想と評価、効果などを解説していきます。

⇒【音読教材一覧 徹底比較してみた!

⇒【TOEIC900までに使った教材




TOEIC"295"→"900"までのロードマップ!

 

⇒【TOEIC900点までのロードマップ

 

1日1分の勉強だけでいい一冊

1分間英語音読の特徴は、「1分間の音読」だけでいいこと。
1分間ですよ?

そんな教材今までみたことありません。

正直言うと、1分間と言いつつ5〜6分かかります。
それでも圧倒的に短い教材です。

おすすめポイントは1日ごとにカリキュラムが組まれていること。
1day、2dayと組まれているので自分で悩む心配はなし。

初心者にとってはこれもありがたい点ですね。
(こんな感じ)

難易度とレベル

文章の難易度は中学生1〜2年レベル
難しいものは一切なし。
めちゃめちゃ簡単です。

ほんと音読の基本書といった感じです。
この中学基本レベルが一番大事なので、バカにしてはいけませんね。

分量も驚きの1日5文だけ。

5つの文章を繰り返し何回か読んだらその日は終了です。

やり方と内容

1、語句の意味・表現の方を確認

まずは左ページの解説文を読みます。

今日勉強する題材についての文法解説があります。
ここで文の意味を理解しておくことが大切。

意味・構造のわかっていない文を音読しても効果はありません。

⇒【音読で効果を出すポイント

2、音を確認

続いてCD音声を聞いて音読します。
CD音声が流れた後に、自分で音を真似ながら音読します。

ここではとにかく発音を真似します。

完璧な真似はいりません。
ただ少しでも音を寄せるという感覚でOK。

(2〜3回)

3、伝える内容をイメージ

次は伝える内容をイメージします。
音読しながら、自分の頭でしゃべっていることをイメージできるレベルまで音読します。

何回かブツブツ呟いていると、音に意識を取られなくても読めるようになります。

伝える内容をイメージするのは、音読の効果を出すために重要なポイントです。

(2〜3回)

4、見て聞き、見ないで音読

CD音声を本を見ながら聞き、その後に顔をあげて音読します。

聞いた文章を、自分の中から暗記して出すので、いいトレーニングになります。

(1〜3回)

5、見ないで聞き、見ないで音読

何も見ずにCD音声を聞き、音読します。

リピーティングやシャドーイングに近い練習です。
普通の音読教材では難しいですが、5文しかない本書なら割とできます。

 




かかる日数

かかる日数は56日でおおよそ二ヶ月。

個人的には「1日1分」とは言わず、これくらいの分量であれば、15分〜30分くらいやってほしいところ。

半月〜一ヶ月で1周終わらせるのがベストですね。
そうして二ヶ月で2〜3周するとかなり力はつきます。

まとめ:続けられない人・初心者で不安な人にオススメ

1分間英語音読で一番推したいポイントは失敗しようがないことです。

英語学習の一番の失敗の原因は、続けられないことにあります。

そういった意味で言えば本書はかなりおすすめな1冊です。

英語初心者がまず欲しいのは続ける習慣実績

「一冊やりきった」という経験を身につけてほしいのです。
他の音読教材の方が内容的にはおすすめなのですが、挫折しやすいのも事実です。

1分間の英語音読を終えてから、音読パッケージぜったい音読などの次の一冊に行けばいいでしょう。

⇒【TOEIC900までに使った教材

⇒【音読教材一覧 徹底比較してみた!

⇒【音読の挫折する原因と対策

あわせて読みたい
英語を勉強する上で一番大事なこと。才能はいらない。いかにして続けるか、挫折しないかを考えよう。英語勉強で一番効果があるのは音読だと散々言っている僕ですが、正直なんでもいいと思います。 音読が一番効率的だという意見は変わりませ...

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です