サイトマップ(記事早見表)
基礎英語

【基礎英語3は難しい?】気になるレベルと難易度、勉強方法を解説! -中3レベルの音声教材-



【完全版】TOEIC900までの教科書

基礎英語3は中学3年レベルの教材です。

中学英語の全てを網羅している教材になります。
中学3年生はもちろん、高校生の方にも意味のある教材です。

また学生時代に英語に自信があった社会人の方が学び直す際は、基礎英語3から始めるといいでしょう。

一方、本当の初心者には少し難しい内容。

 

今回は基礎英語3の難易度や勉強法、内容について解説します。

⇒【基礎英語3 無料DLのやり方

⇒【TOEIC900までに使った教材




TOEIC"295"→"900"までのロードマップ!

 

⇒【TOEIC900点までのロードマップ

 

基礎英語3は中学3年レベル

基礎英語3は中学3年レベル。

英語学習の「基本」である中学の内容を全て学ぶことができる教材です。

 

中学3年のレベルと言えば、英語がわかる人にとってはまあまあ簡単。
しかしそこまで英語勉強をしていない方とっては、全然わからないターニングポイントのレベルです。

英語を話せるようになるために、一番大事なレベルと言っても過言ではありません。

⇒【基礎英語シリーズの中身・学習内容

学び直しの社会人にもおすすめ

対象は今まさに学校で勉強している中学3年生、あとは高校生で英語につまづいた方、復習したい方向けの教材です。

しかし僕が特におすすめしたいのは社会人の学び直しです。

社会人の方は英語を学び直すとなったら、すぐにレベルの高いものをやりがちです。

 

この選択は間違っています。

英語を学びなおすのであれば、とにかく中学の内容を完璧にすることが先決なのです。
基礎を固めないから、どれだけ英語を勉強しても上手くならないのです。

反対に中学の英語を完璧にしてしまえば、後の英語学習はヌルゲーです。

これを僕は英語学習の高速道路と呼んでいます。
中学の内容を時間をかけてマスターし、あとはスイスイと上達する流れに乗るのです。

 

いきなりハイレベルなことを勉強してもヨチヨチ歩きがいいとこです。

⇒【基礎英語で英会話力も上がる理由

⇒【やりきった感想と効果(基礎英語)

勉強方法

テキストあり

NHK基礎英語シリーズは市販のテキストも売っています。

かなり本格的に学びたい方はテキストを用意されることをおすすめします。

やはり英文を確認できるのと、ゆっくり読み込めるのは大きいです。
特に一番大きい効果が、音読できることです。 

これはテキストでないとできません。

 

テキストを使った勉強法としては、今日のレッスンを聴き終わった後に、今日のダイアログを10回〜30回音読します。

そして最後に音声ダイアログを流しシャドーイングします。

 

テキストを用意して毎日音読するのであれば、他の教材は一切いりません。

今使っている音読教材は捨ててください。
単語帳もいりません。

基礎英語シリーズのテキストを使えば、全英語力をアップしてくれます。
ほんと「これだけでOK!」のレベルです。

⇒【基礎英語の”音読”勉強法

テキストなし

NHK英語講座はテキストなしでも十分使える教材です。

せっかくの音声講座。
メリットは、移動時間に聴けることです。

 
どうせテキストいるんでしょ?

 

そんなことは全くありません。
むしろ僕は音声のみで使ってきたことの方が多いです。

テキストなしの場合は、全てを網羅する総合的な教材にはなりません。

文法教材、リスニング教材、英会話教材として使います。

 

英語を身につけるためには音読をするのがベストですが、基礎英語に関しては、文法講座としても優秀です。

授業を聞くようにしてただ聞いているだけでもいいのです。
それだけでも英語の力、文法の知識が身につきます。

 

取り入れたいのはシャドーイング。

1回目のダイアログは、聞くことに徹します。(リスニング)
その後にまた同じダイアログが流れるので、今度はシャドーイングするのです。

「テキストなし」でも音読は可能なのです。

 

NHK基礎英語はテキストを使っていないユーザーの方が多いです。

⇒【テキストなしの勉強法

 

1日にかかる時間

基礎英語3にかかる時間は1日15分。

1レッスンが15分もせずに終わるのです。
これがとにかく素晴らしい点。

1日15分なら何が起ころうと、絶対に続けることができます。

英語学習で一番大事なのは継続
NHK基礎英語がここまで支持されているのも、これだけ続けやすい教材だからなのです。




似ている教材はラジオ英会話

基礎英語と似ているレベルで「NHKラジオ英会話」という番組があります。

より「話すための英語」を勉強する講座です。
レベルはラジオ英会話が少し上。

英会話メインの方は、ラジオ英会話の方が勉強になります。

また、ラジオ英会話の講師は「一億人の英文法」大西先生です。

僕は大西先生が教える「ネイティブの感覚」が大好きなので、ラジオ英会話の方が好きでした。

僕自身英会話メインではありませんでしたが、ラジオ英会話は、受験やTOEICにも十分役立つ内容です。

あわせて読みたい
【ラジオ英会話】文法教材はこれ一択。1日15分、毎日の継続で英文法をマスターする。僕が一番力がついた文法教材はNHKの「ラジオ英会話」です。 ラジオ英会話は、まさに「一億人の英文法」の音声バージョン。 ...

 

難しいなら難易度を下げる

基礎英語3が難しいのであれば、基礎英語2、基礎英語1を使いましょう。

絶対に無理したり、背伸びして続けないでください。
合ってないレベルの教材で学習することは、挫折の原因です。

・リスニングで全く聞き取れない
・解説文で何を言ってるかわからない

このような場合は、レベルを落としましょう。

NHK英語シリーズはものすごい沢山の種類があるので、絶対に自分に合う教材があります。

それを探すことが先決です。

⇒【NHK 英語講座レベル一覧

 

NHK基礎英語3のレベル・勉強法の解説は以上です。

⇒【基礎英語3 無料DLのやり方

⇒【TOEIC900までに使った教材

⇒【音読教材一覧 徹底比較してみた!

⇒【サイトマップ(サイトの記事一覧)

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です