サイトマップ(記事早見表)
NHKラジオ講座

【基礎英語3 使い方】テキストありの勉強法。おすすめは圧倒的音読!



【完全版】TOEIC900までの教科書

基礎英語3のテキストを使った勉強は、音読がメインになります。

学校では全然教えてもらえない音読ですが、音読こそ英語学習の真髄です。

 

せっかくのテキスト。
音読しない手はありません。

テキストの他にペンもノートもいりません。

ただ音読を繰り返すだけです。

 

今回は基礎英語3の勉強法について解説します。

⇒【テキストなしの勉強法

⇒【基礎英語 無料DLの方法




【完全版】TOEIC900点までの教科書

 

⇒【"完全版" TOEIC900までの教科書

 

テキストの長所は音読できること!

基礎英語のテキストを使うメリットは何と言っても音読ができることです。

音声のみでは、シャドーイングと講座をただ聞くだけがメインになります。

しかし基礎英語3のテキストを用意することで、総合的にレベルを上げる教材になります。
単なる文法講座ではなくなるのです。

音読の効果はザッと上げるだけでも以下のものがあります。

・英文を覚えられる

・単語を覚えられる

・リスニング力が上がる

・リーディングスピードが上がる

・英語を英語で理解できるようになる(日本語に訳さなくなる)

・英語の語順で文章を読める

これだけ音読の効果は大きいのです。

あわせて読みたい
音読をすれば、英語は独学でできるようになる。マジでみんなに知ってほしい勉強法。偏差値40の高校を卒業し、うだつの上がらない会社員だった僕が、英語の勉強を始めた時、まず最初に取り掛かったのは音読でした。 結局、...

 

テキスト音読法のやり方

リスニング

まずは音声を流し、会話ダイアログまで通しで1回聞きます。

ここではリスニング練習&今の自分の力を測るつもりで聞きましょう。

黙読&物語を理解

会話ダイアログが終わったら、次に音声を止め、テキストを見ながら物語の意味を理解します。

日本語訳を見て完璧に理解します。

5〜10回音読する

英文を理解したら、テキストをみならがダイアログだけ5〜10回音読します。

もし発音がわからなければ、もう一回音声を聞きましょう。

絶対に英文の構造・意味を理解した上で音読してください。
ではないと音読の効果は一つも発揮されません。

音声講座を聞く

音声でダイアログの続きの、解説やLets CheckやCan-doなどの小問を聞きます。

この段階で音声全てを聞き終えます。

テキストを見ながらでも見ないで聞いても構いません。

5回音読する

今度は、テキストにある今日学んだ英文を全て音読します。

ダイアログを含め、Can-doなどの例文も全てです。

5周します。

3〜5回シャドーイングする

最後に音声のみで会話ダイアログをシャドーイングします。

ここまでこれば、テキストなしでもシャドーイングができるようになっています。
難しい部分はテキストを見てもOK。

僕はスマホに音声をDLしていたので、ダイアログ部分だけを再生することができました。

ラジオユーザーの方は難しいかもしれません。

 

以上がテキストを使った基礎英語3の勉強法です。

講座で知識をつけつつ、音読で身体に落とし込む。

一番最強のやり方です。

 

音読の回数はあくまで目安なのでご自身で決めてもOKです。
もちろん回数は多い方が身になります。

⇒【やりきった感想と効果(基礎英語)




他の教材がいらなくなる

基礎英語3の音声とテキストを用意すれば、もう他の教材は一切いりません。
捨ててOKです。(言い過ぎ)

基礎英語3だけで単語、文法、リスニング、英作文の練習ができます。

そこにあとは音読を足すだけで、全英語技能のレベルアップを見込めます。

音読教材はもちろん、他の単語帳もいりません。
ただただ真剣に基礎英語3をやり込むだけです。

もちろん他の教材と並行するのもOK。
ただ、それくらい真面目にやれば強力な教材なのです。

⇒【基礎英語 無料DLの方法

⇒【徹底解説!音読が効果的な理由

⇒【テキストなし 音声のみ勉強法

⇒【TOEIC900までに使った教材

【完全版】TOEIC900点までの勉強法

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です