サイトマップ(記事早見表)
モチベーション

モチベーションがなくても勉強する方法。歯磨きや風呂にやる気は必要ない。英語勉強も全く同じこと。



【完全版】TOEIC900までの教科書
やる気がない君
今日はモチベーションがないから歯磨きしない〜

 

やる気がないちゃん
やる気出ないし、頭洗うのやめとこ〜

 

このような人はまずいないと思います。

しかし英語学習となると、「モチベーションがないから今日は勉強しない」という現象が起こります。

 

モチベーションややる気に頼っているようでは、一生英語を話せるようにはなりません。

今回は英語学習にモチベーションは不要というお話をしていきます。

 




TOEIC"295"→"900"までのロードマップ!

 

⇒【TOEIC900点までのロードマップ

 

歯磨きやシャワーにモチベーションがいるか?

毎日の歯磨きやシャワーをするのにモチベーションはいりません。

しかし英語学習になると、みな口を揃えて

「モチベーションがちょっと…。」

「やる気が起こらないんですよ…。」

 

このように言います。

 

残念ながらモチベーションに頼っているようでは、英語を話せるようにはなりません。

でも大丈夫です。

 

簡単な話。

英語学習も歯磨きやシャワーレベルまでもっていけばいいだけのことです。

 

モチベーションという概念を捨てる

そもそもモチベーションなんて概念を捨てることから始めます。

僕は、社会人になってからかれこれ2000時間以上勉強していますが、モチベーションなんてありません。

みんなないですよ。

 

そりゃ「英語をやるんだ!」って決意した日や、有名な人がペラペラ英語を話してるのを見た日は、モチベーションも高く勉強できます。

 

しかし毎日の中でほぼそんな日はありません。

僕は毎日「勉強嫌だ〜。もうやりたくねえ〜」と思っています。

多分みんなそうです。

 

普段普通に生活していて、モチベーションに頼るのは大変危険です。

なぜなら、英語以外にもたくさんの出来事があるからです。

残業だったり、上司に怒られたり、彼女に振られたり。

 

生きていると心を揺さぶる出来事は日々山のようにあります。

そうなると、もう家に帰ってから英語学習のモチベーションなんてないんですよ。

僕はモチベーションなんて1%もありませんね。

疲れてヘロヘロです。早く寝てしまいたいです。

 

そこでモチベーションなんて言葉を使うから、勉強をやらなくていい言い訳になるんです。

そもそもモチベーションなんてこの世にありません。

 

やる気という概念を捨てましょう。

帰ったら机に座り、ただ機械的に教科書を開くだけです。

 

⇒【音読500時間を終えた感想

 

英語勉強がきついのは習慣化されてないから

歯磨きの話に戻りましょう。

なぜ、歯磨きは簡単で英語学習は難しいのでしょうか。

 

それは英語学習は習慣化されていないからです。

歯磨きは何千回やったので、すでに習慣化されています。

習慣化された物事というのは、脳は思考停止で拒否反応なく行うことができるのです。

 

一方、英語は習慣化なんてされていません。

だから英語勉強を始めようとすると、すごい拒否反応恒常性)が起こって僕らをやめさせようとしてきます。

 

英語勉強が続かないのは、習慣化されていないことによる恒常性(ホメオスタシス)の働きが原因です。

 

⇒【大きい目標はダメ!(習慣化のコツ)

⇒【仕事終わりに3時間勉強できた理由

 

習慣化のために地獄の期間を過ごす

では、習慣化するためにはどうしたらいいか。

それは毎日続けることです。

 

毎日続けるためには、毎日続けるしか方法はないのです。

 

特に習慣になってしまうまでの期間は地獄です。

本能に逆らう行為ですから、そりゃそうですね。

 

この時期は根性情熱で乗り切ってください。(精神論)

もっと言うと、根性と情熱もいりません。

 

ただ机に座って参考書を読めばいいだけです。

やる気とかモチベーションとか知りません。そんなもんありません。

 

ただ座って読むだけ。誰でもできますよね。

 

⇒【継続を管理してくれるアプリ

 




対策としては小さな目標が一番

「いいから黙って勉強しろ!」というのは対策としては少し不十分。

(その精神論も割と大事だと思ってます。笑)

 

英語学習を習慣にする具体的な対策は、小さな目標(スモールゴール法)です。

とにかく小さな目標から習慣を始めるのです。

 

コツは人が笑うくらいのレベルの目標にすること。

・毎日1ページ教科書を開く

・毎日机に座る

・毎日1単語呟く

本当にこれくらいから始めるといいでしょう。

もちろん勢いがついてそれ以上やってもOKです。

 

ただし、どんなにきつい日でも決めた目標は絶対に達成してください。

なんども言いますが毎日やって習慣化させることが大切です。

 

そのためには小さな目標でいいから毎日やることが大切です。

毎日の目標は1週間クリアしたら少し量を増やして難しくしていきましょう。

その辺は3日クリアでも何でも構いません。

 

一般的には21日や66日で物事は習慣化されると言われてますが、僕の感覚では3ヶ月くらいでした。

英語の勉強をしないとそわそわする、気持ち悪くなるという感覚が目安。

歯磨きやシャワーをしないと嫌で眠れませんよね。

それと同じです。

 

モチベーションがどうこう言うのは終わりにしましょう。

「歯を磨くように、毎日英語を勉強する」これがキーワードです。

 

⇒【勉強がだるい!サッと取り掛かるコツ

⇒【継続を管理してくれるアプリ

⇒【カレンダーを使った習慣化のコツ

⇒【TOEIC900までに使った教材

 

あわせて読みたい
なぜ仕事終わりに毎日3時間の英語勉強ができたのか、理由と方法を説明する。「英語の勉強が続かない。」 英語の勉強を始めた大半の方が悩んでいることだと思います。 残念ながら、毎日の継続なしに英...

 

あわせて読みたい
【英語】音読パッケージこそ最強の教材。TOEIC900は全てここから始まった。僕の英語学習は音読パッケージという教材から始まりました。 やることは簡単。 ただひたすらに音読するだけの教材です。 リ...

 

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です