サイトマップ(記事早見表)
多読

【洋書の多読】英語力を飛躍的に上げる方法。やり方と本の選び方を徹底解説!教材選びはKindle unlimited一択



【完全版】TOEIC900までの教科書

英語学習の中で、「多読」をする時期は必ず必要になります。

 
う〜ん、なんだか英語を読むスピードがなかなか上がらないな…。

 

コツコツ勉強しているのに、なかなかあがらない読解スピード。
文法や単語の知識は身についているはずなのに。

テストのように英文を噛み砕きながら読むのではなく、「スラスラと英文を読みたい!」と思い始めたら、多読に入る時期です。

「多読」で英文を大量に浴びることで、読解スピードが飛躍的に上がります。

 

ある程度勉強したのに、英語力が上がらない理由は、英語の読書量が足りないからです。

解決策は、とにかくたくさんの英文を読むこと。
基礎を力つけた後なら、たったこれだけで英語力は飛躍的に上がります。

 

多読の注意ポイントは、つまらない本・わからない本は”2秒”で捨てることです。

苦しんで読む必要は1ミリもありません。

面白い本・自分が読める本だけをチョイスすればOK。

だからこそ、僕は読み放題サービスのKindle unlimitedを使ってました。
読み放題なのでどんどん新たな本を試していけるのです。

今回は多読について解説します。

Kindle 読み放題 無料体験

【完全版】TOEIC900点までの教科書

 

⇒【"完全版" TOEIC900までの教科書

 

そもそも圧倒的に読書量が足りていない

多読をすることで、日本語を読むスピード感覚で英語を読むことができます。

英語を読むスピードが遅かったり、英語を話せないのは、圧倒的に読書量が足りていないからです。

英語得意くん
英語は読めるけど、話せないんだよね〜

 

英語を話せない理由を、日本の学校教育のせいにする人がいますが、違います。
そもそもの話すために必要となるくらいの読書量が足りていないだけです。

また「英語を読めるけど」と言っているそのレベルもたかが知れています。
恐らく、テストなどで、時間をかけて読めば理解できるレベルのはずです。

スラスラ読書をするように英文を読むのは難しいはずです。
そのレベルを「読める」とは言いません。

話すプロである通訳者の方で英文を読むのが苦手な人は一人もいません。
みな、圧倒的なインプットの上に「話す・聞く」の能力があるのです。

とにかく僕ら初心者に必要なのは、圧倒的な量の英文に触れることです。

日本語でも、話すのが上手い人は大抵読書量が尋常じゃないです。

日本語を読む感覚で、英文をスラスラ読めるようになる

多読をすると英文読解スピードがアップします。

今の時点では、文法や単語の意味を考えながら読んでいるはず。

その状態では、まだ「英文を読める」には程遠い状態です。
目指すのは今この日本語の文章を読んでいる感覚です。

いちいち文法や単語の意味なんて考えていないはず。
知らない漢字やカタカナが出てきても、だいたい何をいってるかわかるはずです。

このように日本語を読むようにして、英語をスラスラ読むために、「多読」をするのです。

 

多読では、簡単な本をとにかく読みまくり、大量の英文を浴びます。
それこそ、洋書一冊であろうと、テストの長文なんぞ比にならないくらいの英文に触れることができます。

その結果、どんどん英文読解スピードは上昇していきます。

 

英文をストレスなくスラスラ読める感覚はほんときもちいです。
なんだか、自分がすごい頭が良くなった感覚になってきます。笑

多読のやり方・本の選び方

6割くらい内容が理解できればOK

多読で一番やってはいけないのが、完璧に理解しようとすることです。

わからない単語が出るたびにいちいち辞書で調べる。
そうすると多読が苦痛になってきます。

物語の6割を理解できれば十分です。
どんどん読み進めていきましょう。

わからない単語は、前後の文脈で予想すればOKです。
完璧主義で思いつめないことが大事。

知っている・予備知識のある洋書を選ぶ

スムーズに読むために、知っていたり、予備知識のある洋書を選びます。

日本について書かれた本や、もともと知っている海外の童話などがおすすめです。
有名人の伝記なんかもいいですね。

自分にとって面白い本・興味のある本を選ぶ

多読は音読のように我慢してやるトレーニングではありません。
せっかく本を読むのですから比較的楽しみを持って臨むべきです。

自分にとって興味のある本を選びましょう。

20〜30ページ読んでピンと来なければすぐに本を捨てましょう。
次の本に進むのです。

100ページ我慢してゆっくり読むよりも、20ページを高速で回していった方がいいです。

おすすめはKindle Unlimited

多読勉強法でおすすめの洋書教材は「Kindle Unlimited」です。
僕もかなりお世話になりました。

以下におすすめの理由と洋書を紹介します。

高速回転!どんどん新たな洋書にチャレンジできる

Kindle Unlimitedのいい点は読み放題サービスだということ。
読み放題なので、どんどん本を捨てていけます。

 
せっかく買った本なのに〜….。

 

そんな後ずさりは一切ありません。

 

前述した通り、読んでみてつまらない本は、”2秒”で捨てることが一番大事です。

だからこそ、いちいちお金をかけて本を買っていられないのです。
普通に破産します。

特に初期の頃はボリュームの少ない簡単な本を選ぶことが大事。
よってどんどん新たな本に挑戦していけるKindle Unlimitedがおすすめなのです。

 
どうせ読み放題だし♪

 

こんな感じで、どんどん合わない本を捨てていくことができます。
この感覚がめちゃくちゃ重要です。

多読勉強法に失敗する9割の原因は、難しい本・面白くない本を選んでいるからなのです。

ものすごい豊富な種類

Kindle Unlimitedはアマゾンの電子書籍サービスです。

アマゾンだけあって、洋書の種類は大変なことになっています。
その数なんと100万冊。

一生かかっても読み切ることができません。
自分に合う洋書が必ずあります。

洋書選びに困ることがないのも、Kindle Unlimitedのおすすめポイントです。

KIndleで僕が読んだ”おすすめ洋書”

僕が実際に使った、初心者にもおすすめできる洋書を紹介させていただきます。
とにかく読みやすいものだけを選びました。

以前の記事を引用して紹介します。

English Short Stories

初心者に一番おすすめなのがこの本。
青春もののストーリーやスパイ、フェアリーなど。短い話の短編集になっています。

単語は中学生レベル。
それくらい簡単なものがマジでベストです。

なぜなら、洋書多読勉強法で一番多い失敗が、一冊を読みきれないことです。
そりゃそうです。

つまらない英語本を一冊読み切るのは不可能に近いです。
苦しすぎます。

まずは「一冊読みきった!」という実績を自分の中に作りましょう。
一回実績を作れば、自信がつき、二冊目、三冊目と加速するようにノメり込んでいきます。

まずはこの一冊を読み切ることを強くお勧めします。

(スマホでみるとこんな感じ)

 

TOEIC400点くらいの方でも読み切ることができます。
上の画像を見て、「ほとんど理解できない!」と言う方はまだ洋書多読の段階ではありません。

 

LIFE IN JAPAN

LIFE IN JAPANは日本の文化を紹介する本です。

なぜおすすめかと言うと、みなさん既に知っている内容だからです。
知っていることを英語で説明されるのです。

・食文化
・宗教
・建物
・テクノロジー
・島国について

などみなさんが知っていることなので、めちゃめちゃ読みやすいです。
(主食のお米について)

単語もかなり簡単。
ご覧の通り、難しい単語は一切ありません。

ごく当たり前な日本の文化も英語で読んでいると、なぜだか「おもしれえ!」ってなります笑。

What If

What ifはほんの少しだけ前の二冊より難しいかも..。
それでもおすすめさせてください!

なぜならめっちゃ面白い本だから。
子供達が思い浮かぶような科学の疑問に答えていく本です。

空想科学読本みたいな感じです。
例えば、下の章題は「地球の回転が急に止まったらどうなるの?」

答えは時速1000マイルの激しい風が吹いて、地球のほとんどの人は死んでしまうです。
それのメカニズムを詳しく説明してくれます。

もともと児童書なので、使われている単語も簡単です。

「洋書を読まなきゃ!」という意識を忘れて、「なんでそうなるの?知りたい!」と、いつの間にかに熱中できる本です。

知的好奇心が旺盛な方は絶対おすすめ。

History of Japan

日本の歴史を解説した一冊。
これも既に知っている内容が多いので、読みやすい一冊です。

・古墳
・中世の日本
・侍
・将軍
・アメリカとの戦争

日本へ旅する外国の方に向けた本なので、内容もライト。
そこまで重くはありません。

(侍の章)

 

How to Speak English Faster and Fluent Like a Native

英語を話せるようになるには、どうしたらいいかを解説した本。
英語の本を読みながら、英語学習の知識を手に入れることができます。

ぶっちゃけ全てが使えるというわけではありません。
それでもなるほど!と思えることは多々あります。

英語を読みながら英語を学べるのは一石二鳥なのでおすすめです。

(英語は言語の中でもかなり難しい言語だ!)

引用元:Kindle Unlimited 初心者におすすめの洋書

以上5冊が初心者でもトライできる洋書になります。

「Kindle×多読」の口コミ・体験談

Kindleで多読をしている方々の口コミを集めてみました。

本来読書が目的である電子書籍サービス「Kindle」ですが、洋書の多読に使われている英語学習者多いみたいです。

Kindleの便利な機能

Kindleがおすすめ理由はまだあります。
多読をする上で、紙の本にはない便利な機能がたくさんあるのです。

辞書機能

わからない単語をドラッグするだけで、画面下に意味が出ます。

多読では、単語をいちいち調べなくてもいいですが、どうしてもきになる単語は出てきます。

この辞書機能、めちゃめちゃ使えます。

ハイライト

Kindleにはハイライトという文を保存する機能があります。
ドラッグした部分に色をつけ、そこの部分を「マイノート」に保存することができるんです。

ハイライト(青色)をつけてみました。

文法がわからない文気になった言い回しを保存しておけば、後からいくらでも確認することができます。

スマホでどこでも読める

キンドルはスマホのアプリで使えます。

だからどこでも読むことができるんです。
それこそ1分あればすぐに洋書を読むことができます。

通勤中に今まで読んでいたSNSやニュースサイトの代わりに、Kindleを開くだけで、英語の勉強ができます。

僕はスマホのトップ画面にKindleアプリを配置し、すぐに起動する癖をつけていました。
無意識で何を選択するかは本当に重要ですね。

SNSで、明日にでも忘れているニュースを読むのなら、少しでも洋書で英語を読むのに時間を使いたいですよね。

 

これらのKindleの機能は決して紙の本では得られない点です。
疲れている時になかなか本は開けませんが、スマホならいつでも触るはず。

日常の中で気楽に英文に触れることができます。

登録方法

まずはKindle Unlimitedのページにいきます。

「30日間の無料体験を始める」を選択。

Amazonのアカウントにログインし、通常と同じように購入を勧めていきます。

お金がかかるのは登録日から30日後。
月額980円がかかってきます。

今は30日間の無料キャンペーン中なので、会員登録時点でお金は全くかかりません。

Kindle 読み放題 無料体験

利用方法・アプリの使い方

好きな本を買う際に「読み放題で読む」をクリックします。

「1-Clickで今すぐ買う」にしてしまうと普通にお金がかかってしまいます。

「読み放題で読む」と表示されている本が、読み放題サービス対象の本です。

Kindle Unlimited対象本のみ、「読み放題で読む」が表示されます。

 

「読み放題で読む」をクリックすると、自動でアプリにダウンロードされます。
あとは読みたい本をタップして読んでいきましょう。

今なら”無料”で使い倒す方法も

Kindle Unlimitedは30日間無料キャンペーン中です。

30日間は何冊読んでもタダなんです。
もっと言うと、30日経つ前に解約してしまえば、かかるお金は0円です。

僕はちょうど30日間で多読集中期間を終わらせたので、1円もかかりませんでした。笑
(そのあとに普通に入会してます)

多読迷ってるくん
多読続くわかんないし、不安〜…。

 

どうせ1円もかからず挑戦できるのだから、やってみる価値は十分あります。
実際英語の勉強法は、何がハマるかはその人によって変わることはよくあります。

趣味趣向も違えば、レベルやバックグラウンドも違うのです。
学習法に絶対はありません。

だからこそ色々試してみるべきです。

Kindle Unlimited 解約方法

 
多読、やってみたけど合わなかった….。

 

そうなった場合は30日経つ前に解約することをオススメします。
30日以内に解約すれば、お金は一切かかりません。

 

解約方法は以下の通り。

1、解約ページにアクセスします。

2、「Kindle Unlimited 会員登録を管理」を選択

 

3、青字の「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」を選択。

 

4、「メンバーシップを終了する」を選択。

以上の手順で、会員登録の解約ができます。

登録後30日以内のこの手順を済ませれば、無事1円もかかることはありません。

アマゾンだから、圧倒的に豊富な洋書

ここまで紹介してきたKndle Unlimitedはアマゾンの電子書籍サービス。
まずもって終了することは考えられないでしょう。

そして何が一番すごいかと言うと、種類です。
それはもう死ぬほど圧倒的な数の洋書があるんです。

その数なんと100万冊…。

 

 
自分にあった洋書、見つからなかった…。

 

そんなこと、まずあり得ないです。
もしそうなら、それは恐らく洋書を読むレベルに達していなかったのです。

とはいえ、中学レベルでも十分読める洋書もあるので、そんな現象はなかなか起こりにくいです。

もし本当に読める本が一冊もないなら、せっかくなので英語勉強本を読むといいでしょう。
普通に面白かったので、僕は結構読んでました。

(ちなみにTOEICの問題集もあります)

 

多読はどこかのタイミングで必ず必要になる

英語力を飛躍的に上げるためにも、必ず多読は必要になります。

とにかく英文を浴びまくる集中的な時期を作るのです。

洋書を使えば、音読や長文問題集では比にならない量の英文に触れることができます。

正直短い洋書を2、3冊読み切るだけでも、かなりの英語に触れています。

だからこそ洋書の多読には音読や長文問題集には到底得られない効果があるのです。

気がついたら、マジで英文をストレスなくスラスラ読めるようになります。

 

結局どんな正しい勉強法を取り入れても、英語学習において“量”は必ず必要です。

その量を補うのが多読なのです。
多読はあまり努力を意識せず、量を積み上げることができるので、あまり勉強している感覚にはなりません。

そういった意味でもかなり優れた勉強法です。

Kindleで大量の英文を浴びよう

別に洋書をたくさん読めるなら、紙の本でも構いません。

しかし面白い本・自分が読める本という「自分にあった本だけを読む」ルールだけは鉄則です。

そうなると、種類もそうですし、経済的なことを考えても紙の本よりも「Kindle読み放題」が絶対にオススメです。

 
どうせ読み放題だし♪

 

と、合わない本をどんどん捨てていくことができるからです。
はっきり言うとこれがめちゃくちゃ重要。

多読勉強法に失敗する9割の原因は、難しい本・面白くない本を頑張って読み切ろうとするからです。

「kindle読み放題」では、辛い本を読むことによる挫折がなくなるので、かなり継続しやすいです。

 

「スラスラ英文を読む」という飛躍的な英語力アップのためにも、ぜひ浴びるように多読をしてみてください。

Kindle 読み放題 無料体験

 

【完全版】TOEIC900点までの勉強法

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です