サイトマップ(記事早見表)
英語上達完全マップ

【挫折&継続対策!】英語上達完全マップは難しくない。初心者が考えるべきコツ。



【完全版】TOEIC900までの教科書

英語上達完全マップ、やることがありすぎて、一体何から手をつけていいのかわかりません。

 
こんなの終わりがくるのかよ

僕も学習開始当初は途方にくれていました。
でも問題ありません。
英語上達完全マップで結果は必ず出ます。

それでもって、英語上達完全マップ通りに進める必要はありません。

大切なのは大枠だけを参考にすることです。
細かいところまで全てやりきる必要はありません。

具体的には文法音読だけでOKです。

今回は初心者が英語上達完全マップを行う上で大切な考え方をお伝えします。

⇒【完全マップで使用した教材

⇒【上達マップの大まかな流れ

⇒【TOEIC900までに使った教材




【完全版】TOEIC900点までの教科書

 

⇒【"完全版" TOEIC900までの教科書

 

書いてある通りにやる必要はない

英語上達完全マップでやるべきことはたくさんあります。

・音読パッケージ
・瞬間英作文
・精読
・多読
・ボキャビル
・リスニング
・会話

 
どんだけあんねん!

そうです。
初心者の方がいきなりこれだけ突きつけられると、途方に暮れてしまいます。
挫折してしまうのも無理ありません。

なんせ完了できる気がしませんもの。
何年かかるんだって話。

しかし問題ありません。
この通りにやる必要は全くありません。

現に僕は全然忠実にやっていません。
途中から英語上達完全マップのことを忘れていました。

とにかくこれは大まかな道筋をして捉えるものです。
完璧主義になる必要は全くありません。

大切なのは”文法”と”音読”だけ

英語上達マップの中で大事なのは、文法音読です。

この2つを真剣にやるだけでTOEIC900点は十分狙えます。

英語学習=音読

なぜ文法と音読なのか。
まず音読に関しては英語学習の基本だからです。

英語学習の大半の時間は音読です。
英語は勉強じゃありません。
スポーツのようにひたすら音読を繰り返して初めて身につくものです。

音読をやっていれば英語上達完全マップの8割はクリアできます。
僕は音読に1000時間費やしています。

音読するために文法を学ぶ

そして文法を学ぶ理由、それは音読をするためです。

意味・構造のわからない文をいくら音読しても効果はありません。

音読で効果を上げるために文法を学ぶのです。

 

使う文法書は本当に基本中の基本のものを使います。
中学レベルの音読教材を使う前は、中学レベルの文法書を使います。

高校レベルの音読に進む前には、高校レベルの文法書を使います。

「文法を学ぶ→音読をする」

英語上達完全マップの大半はこれで終わります。
瞬間英作文も文法の力を身につけるためにあるのです。

⇒【完全マップで”使った教材”と”順番”

あわせて読みたい
音読をすれば、英語は独学でできるようになる。マジでみんなに知ってほしい勉強法。偏差値40の高校を卒業し、うだつの上がらない会社員だった僕が、英語の勉強を始めた時、まず最初に取り掛かったのは音読でした。 結局、...

音読でほとんどカバーできるし、上達してから色々やればいい

確かに多読やボキャビル、リスニングなどやるべきことはたくさんあります。

しかし、それらのほとんども音読でカバーできるので自然と身につくのです。

わからない単語も音読する上で覚えていくし、いろんな文を音読するので多読にもなります。
音読パッケージではシャドーイングもリピーティングもあるのでリスニング練習にもなります。

 

つまり音読パッケージを真剣にやっていれば、全部の能力がそれなりに身につくのです。

加えて文法と音読で英語力をつければ、あとは自然と自分から学ぶようになります。
「英語上達完全マップ的に次は何をやろうか?」

そんなことは一切考えなくなります。

 
今の自分にはこれが足りない!やろう!

自ずとやるべきことが見えてくるのです。

 

だからこそ、英語上達完全マップを難しく考える必要はありません。
まずは音読と文法をやればいいのです。

英語上達完全マップで初心者が挫折しないための考え方は以上です。

⇒【完全マップで使用した教材

⇒【TOEIC900までに使った教材

⇒【音読を継続するための方法

⇒【徹底解説!音読が効果的な理由

【完全版】TOEIC900点までの勉強法

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です