サイトマップ(記事早見表)
発音

【まずは絶対に”発音”!】英語上達完全マップで最初にやるべきこと。おすすめは英語耳!



【完全版】TOEIC900までの教科書

英語上達完全マップでは発音について全然触れていませんが、まず最初にやるべきは発音です。

僕自身は音読と瞬間英作文から始めました。
しかしやっている途中にこれではまずいと思い、発音練習からやり直したんです。

発音を最初に学ぶ理由は以下の点。

・カタカナ英語癖の防止
・音読による反復練習が可能になる
・リスニング力が上がる

特に英語上達完全マップを利用されている方ほど、発音を最初に学ぶべきです。

⇒【発音からやると勉強量が半分で済む!




TOEIC"295"→"900"までのロードマップ!

 

⇒【TOEIC900点までのロードマップ

 

まずやるべきことは”発音”!

英語上達完全マップでは、まず最初に音読や文法(瞬間英作文)からスタートします。
そもそも発音に関する供述は全然ありません。
そんな僕も例に漏れず、音読パッケージ瞬間英作文からスタートしました。

しかし、発音を最初に学ぶべきだと知ってからは、すぐに発音練習を先に終えることに切り替えたのです。

僕は気づくのがまだ早かったからよかったですが、音読を何百時間やってから気づくのは大変もったいないです。

特に英語上達完全マップ学習者の皆さんは、これから死ぬほどの音読を行います。
その上で発音を最初に学んでおくメリットは計り知れないのです。

 

また最近の言語学の研究でも、「まず最初に学ぶべきは発音だ!」と結論が出ています。

 

 
英会話しないから発音なんてどうでもいい!

発音を学ぶのは会話のためだけではありません。
TOEICのスコアはもちろん、英語力そのもをあげるためにも、発音は最初に学ぶべきなのです。

発音を最初にやるべき理由

カタカナ英語の悪い癖がつく

まず1つ目。

発音を学ばないで音読を繰り返すことで、どんどんカタカナ英語が身についていきます。
カタカナ英語で何度も読み、癖がついてしまうのです。

英語上達完全マップでは、音読がメインです。
せっかく、英語を頑張ろうと音読しているのに、逆効果に働くのはとても悲しいことです。

そして、真面目で勤勉に音読をされる方ほど、その方向に行ってしますのです。

自分では音声の真似でうまく発音できていると思っても、全然ダメです。
英語の発音は別物です。

一音一音の発音練習をして、初めて自分が知らない音を認識できるようになります。

音読で発音の反復練習ができる

先に発音を学ぶと、これから行う音読で発音の反復練習ができるのです。

発音教材をある程度やり込むと、自然といい発音になってきます。
しかしそれもまだ身についた状態とは言えません。

スポーツと同じで、ちょっとうまくなった状態のまま、反復練習が必要なのです、
そして音読がまさに、発音の反復練習になってくれるのです。

音読もできるし、発音の練習もできるしで一石二鳥。

・先に発音を学ばない→カタカナ英語の癖が身につく
・先に発音を学ぶ→どんどんいい発音が身についていく

 

とても大きな差となります。

リスニング力アップ

発音を学ぶと、リスニング力がアップします。
そもそもリスニングが苦手な理由は、英語の音を知らないからです。

自分が聞き取れない音=自分の知らない音

発音を先に学び、日本語にはない「英語の音」を学びましょう。

 

感覚的な話ですが、発音ができるようになると、英語の音を聞いた時に「その音を発するための口の形」を身体でイメージできるようになります。

皆さんは無意識で日本語の音を判別していますが、それは身体で受け取っているのです。
英語の音がわからないのは、身体がその音をで作り出せないから知らないとも言えるのです。

⇒【LRを聞き取るトレーニング法

【発音を先に学ぶその他のメリット】

あわせて読みたい
【まずは発音から学べ!】勉強量が半分で済む効率的な英語勉強の順番英語学習をする上でまず学ぶべきは発音です。 絶対に発音です。 発音を学ばないと結果的に、倍近くの勉強をすることになり...

おすすめ教材

発音を学ぶためのおすすめ本を2冊紹介します。

英語耳

まずは英語耳。

2冊紹介しますが、できればこちらをおすすめします。
英語耳は「発音記号」から発音を学んでいきます。

発音記号を初期に学んでおくメリットも計り知れません。
新たな単語を学ぶ際、いちいち音を聞かなくても発音できるようになります。

また口の形が図解でわかりやすいです。

そのほかに英語耳で推したいポイントは、CDが一枚20分で一周できることです。

慣れてくるとCDだけで練習できるようになります。
20分で一周できるので、毎日のアップとして使えるのです。

僕は音読の前のアップとして、英語耳を軽く一周してから勉強に臨んでました。

あわせて読みたい
【Daigoの超集中力】無料で聴けるAudibleのおすすめ。英語勉強にクソ役立った集中法。英語を勉強する上で大切なのは、いかにして勉強するかということです。 どんな勉強法を選ぶかも重要ですが、限られた時間をいかに効率的に勉強...

フォニックス

フォニックスは英語耳に比べてとっつきやすい教材です。
フォニックスというのは、英語を読む際のルールです。

英語のアルファベットはローマ字読みではありませんよね。
例えば、「take」という単語は「たけ」とは読まないはずです。
「テイク」ですよね。

そのほかにも、「make」「late」「sake」など全てに共通したアルファベット読みのルールがあります。

フォニックスは発音記号というよりは、アルファベットの発音ルールを知りながら発音練習する教材です。

面倒な発音記号がないので、手っ取り早く発音を学びたい方にはおすすめです。
ただし英語耳のようにCD一周は短くはありません。

上達マップは先に発音を学ぶべき理由は以上です。
ぜひ発音から学ばれることを強くおすすめします。

後になって良かったと絶対に思えるはずです。

⇒【発音からやると勉強量が半分で済む!

⇒【英語耳はTOEICにも効果あり!

⇒【TOEIC900までに使った教材

⇒【音読教材一覧 徹底比較してみた!

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です