サイトマップ(記事早見表)
TOEIC

【金のフレーズ】おすすめは英語から日本語。最終的にはどっちもやる!



【完全版】TOEIC900までの教科書

金のフレーズの使い方は英語から日本語で覚えるのをおすすめします。

なぜなら、TOEICの問題は全て英語を読み取る問題だからです。

 

今回は金のフレーズ、英語と日本語どっちからなのかについてお話しします。

 

⇒【アプリの勉強法(金のフレーズ)

 




【完全版】TOEIC900点までの教科書

 

⇒【"完全版" TOEIC900までの教科書

 

TOEICで日本語から英語にする問題は出ない

TOEICの問題は全て英語で書かれています。

日本語を読んで(聞いて)英語に変換する問題はありません。

 

よって、金のフレーズも基本は英語から日本語で覚えていくべきです。

 

⇒【初心者に金フレはダメ!

 

結論、両方やるのがベスト

しかし、あくまでそれはどちらかと問われればの話です。

僕の本音は両方やることです。

 

僕の英語学習に対する考えはとにかく時間を費やすこと。

最終的にこれが一番効率的だからです。

 

記憶の観点から言うと、

・日本語→英語

・英語→日本語

 

1つの単語に対し、この2つの出し入れができた方がいいに決まっています。

そこまでいくともう完璧に「覚えた」と胸を張って言える状態にあります。

 

何周か終えたら、切り替える

どうせ単語帳を何周もするのです。

一方方向ばかりでは強固な記憶にはなりません。

 

僕の場合、正しく回答できた回数で3周もすれば、切り替えていました。

アプリを使っていたのでその辺はすごく便利でした。

 

・英語から日本語3周

・日本語から英語3周

と言った形です。

 

それ以降は交互なり、気の向く方法でやります。

 

退屈しのぎにもなりますし、こっちの方が絶対いいですよ。

 

⇒【アプリの使い方・勉強法(金フレ)

 

あわせて読みたい
【英単語 勉強法】暗記のコツは"想起"にあり。思い出すことで記憶力が高まる。英単語を覚えるコツは想起にあります。 想起というのは「思い出すこと」です。 物事を覚える方法は繰り返し読むことではな...

 




記憶のコツは思い出すこと

人間が物事を記憶するために一番いい方法は、思い出す行為(想起)をすることです。

つまり覚えていることを何度もやるより、思い出す行為を必要とする訓練をした方が負荷は大きいかつ新たなことも覚えられます。

 

英語→日本語が余裕になってきたのなら、ここで日本語→英語に切り替えます。

そうすることで1つの単語に対し、新たな記憶(情報)を吹き込むことができます。

 

なおかつ、英語→日本語のトレーニングに一旦時間を空けることで、次やった時にさらなる記憶の強化が図れます。

 

以上が金のフレーズは両方やった方がいい理由です。

 

金のフレーズ 2 – 物書堂

 

⇒【暗記のコツは想起にあり

⇒【金のフレーズ 使い方と勉強法

⇒【初心者に金フレはダメ!

⇒【どれを選べばいいの?(公式問題集)

 

【完全版】TOEIC900点までの勉強法

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です