サイトマップ(記事早見表)
人気記事

音読する場所がない!家族に聞こえて恥ずかしい!どこでも声を出せる道具”防音マイク”を紹介。



【完全版】TOEIC900までの教科書

人前で音読するのって恥ずかしいんですよね。

ましてや英語であるならなおさら。

 

「なにカッコつけて喋ってんのー?」

うるさいですよね。

 

しかし英語を身につける上で音読は必須。

今回は声を小さくして音読できる商品を紹介します。

 




【完全版】TOEIC900点までの教科書

 

⇒【"完全版" TOEIC900までの教科書

 

声を小さくする道具

音読をするときに口に当てることで声を小さくできるのは下の商品です。

防音マイク うるさくないカラOK!ミュートマイク

 

音読のための道具ではなく、家でカラオケをするための道具です。

僕らは電源も何にも繋がず、ただ口に当てて音読するだけです。

 

これにより周りに響く音を軽減することができます。

 

⇒【継続を管理してくれるアプリ

 

音読が恥ずかしくてできない

家族と暮らしている方なんかは特に音読がしづらいでのはないでしょうか。

僕は一人暮らしだったのですが、アパートの壁がかなり薄くて、音読しにくいのが悩みでした。

 

ボソボソと音読するのも嫌だし、かといって大声も出せないし。

そんなときに使ってみたのがこの商品でした。

 

⇒【徹底検証!色んな場所で音読してみた

 

多少の音漏れはする

とは言っても、確実に音を遮断できるわけではありません。

多少の音漏れはします。

 

音を小さくする」と言った方が正しい表現ですね。

それでも口にこの防音マイクを当てるのと当てないのとでは大きく違います。

 

あと、防音マイクを当てても大きく聞こえてしまうのは、自分の声だからです。

自分の声は脳に直接響いてくるので、外に聞こえている声よりも大きく聞こえます。

 

これは、声が小さい人は声が小さいとわかってない理由です。

 

だから防音マイクを使ったとき、「全然小さくなってないやん!」と思いましたが、実際は他人に聞いてもらうと小さくなっているようでした。

 

⇒【音読の前に発音すべき理由

 




小さい声でも効果はある

防音マイクにプラスして少し声を小さくするだけで、かなり気にならないレベルの音にまでなります。

声を小さくすると音読の意味がなくなることが懸念されますが、問題ありません。

あまり小さすぎるのも問題ですが、多少の小声であれば、音読の「目で見て口で発する」という行為は達成されます。

 

だから防音マイクでもそれなりに効果はありますね。

現に僕の英語力は上がってきたので。笑

 

⇒【音読の効果が出るまでの日数

⇒【音読が頭に入らない場合の対処法

 

あわせて読みたい
【瞬間英作文】これぞ、英語を話せるようになる方法。リスニング、文法、TOEICにも強くなる。瞬間英作文をやると英語が話せるようになります。 やり方は簡単。 日本語を見て、自分で英語を作るだけです。 (こ...

 

場所を変えてやってみる

それでも本当に嫌というのであれば、場所を変えることをオススメします。

明け方の公園、日中の河原、山など外でもできる場所はいくつかあります。

 

散歩しながら音声のシャドーイングであればどこでも練習することができます。

ベストは海辺で波の音を聴きながらやることですね。(僕の夢)

 

防音マイクについての解説は以上です。

 

⇒【防音マイクはこちら!

 

⇒【徹底解説!音読が効果的な理由

⇒【音読500時間を終えた感想

⇒【TOEIC900までに使った教材

 

あわせて読みたい
【英語音読はどこでやる?】電車、カフェ、カラオケ、自習室などの場所を解説。迷惑だったり恥ずかしくてできない問題を解決。音読をする上で頻繁に出る問題、それは「場所」についてです。 音読は声を発する作業なので、周りにも音は漏れます。 普通...
あわせて読みたい
【英語】音読パッケージこそ最強の教材。TOEIC900は全てここから始まった。僕の英語学習は音読パッケージという教材から始まりました。 やることは簡単。 ただひたすらに音読するだけの教材です。 リ...

 

【完全版】TOEIC900点までの勉強法

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です