サイトマップ(記事早見表)
ガチでおすすめの教材

【英語】音読パッケージこそ最強の教材。TOEIC900は全てここから始まった。



今だけ無料!おすすめの英語音声

僕の英語学習は音読パッケージという教材から始まりました。

やることは簡単。

ただひたすらに音読するだけの教材です。

リピーティング、シャドーイング、テキスト読みなどバラエティは豊富ですが、基本やることは音読です。

 

「音読なんて効果あるの?」

 

僕自身もそう半信半疑で進めていました。

しかし、断言できます。

 

高卒でうだつの上がらない僕が1年でTOEIC900点を超えたのは、音読パッケージのおかげです。

本記事はそんな音読パッケージに関する話をまとめたものになります。

⇒【TOEIC900までに使った教材

⇒【20冊以上の”音読教材”を徹底比較




TOEIC700まで最短の方法

50冊以上の教材を使ってきた僕が今思う、最速で"TOEIC700"を取る方法を解説。教材は以下の通り。

「基礎英語1→基礎英語2→基礎英語3→ラジオ英会話」
ポイントは絶対に"音読"。 シンプルな教材で音読こそ一番最強。(紹介記事

音読パッケージこそ最強の音読教材

僕のTOEIC900点までの道のりは全て「音読パッケージ」という教材から始まりました。

音読教材を計20冊以上やってきた僕からみても、音読教材で一番ベストなのは、音読パッケージです。

・英語が何もわからない初心者
・もっと英語力を伸ばしたい社会人

全ての方に英語学習者にオススメします。

音読教材は山のように出版されていますが、音読パッケージを選べば間違いありません。

なぜ音読が有効なのか

音読教材を選び前に、まず「音読は効果がある」と知る必要があります。
疑いながら勉強してもなかなか身は入りません。

なぜ音読には効果があるのか。

なぜなら英語上達の秘訣は、「文構造・意味を把握している文を脳、音声器官を通じて出し入れすること」にあるからです。

音読パッケージの著者である森沢洋介氏の言葉です。
音読に1000時間費やした僕自身、全くその通りであり納得しています。

 

この「文構造・意味を把握している文を脳、音声器官を通じて出し入れする」を行うトレーニングとして有効なのが、音読なのです。

 

例えばです。
好きな歌の歌詞を100回、「目」で読んだとしても、覚えるのは困難です。(黙読)

しかし、100回歌うと身体は勝手に歌詞を覚えているはずです。

 

すごく単純な例ではありますが、「脳・身体を通して英文を出し入れする」とはこういうことです。

 

これをしないで多くの人は、机の上にある英語参考書を睨み、

「英語ができない。英語ができない。」

とボヤいているのです。

 

⇒【徹底解説 :音読の圧倒的効果

音読パッケージをおすすめする理由

音読教材自体は、世の中にごまんと存在します。
もっと言うと、英語の文章は全て音読教材になりえます。

音読をしたいのなら、音読パッケージにこだわる必要はありません。

ではなぜその中で音読パッケージをおすすめするかと言うと、

・非常に飽きにくい(続けやすい)
・音読以外の効果も得られる
・回数が決められている

以上の点が強いからです。

飽きにくい(継続しやすい)

音読パッケージは、複数の音読メソッドがセット(パッケージ)になっています

・先行リスニング
・聴き解き
・音読
・リピーティング
・シャドーイング
・テキストなしシャドーイング

ただ教科書を見ながら読み上げるだけの音読とは違うのです。

音読挫折者が多いのは、あんなにつまらないことをするからです。

音読パッケージなら色々な練習法を組み合わせるので、かなり飽きにくい仕様になっています。

⇒【音読の「飽きる・挫折対策」

音読以外の効果が得られる

音読だけではなく、シャドーイングやリピーティングもするので、他の力も鍛えられます。

リピーティングでは新たに文を作り出す力がアップします。
シャドーイングでは瞬時に英文を読解する力リスニング力がアップします。

単調な音読教材よりも、かなりのスピードで力がつく一冊です。

⇒【音読のバリエーション・種類

回数が決められている

「○周目は○回音読する」と、回数が決められているのも音読パッケージの特徴です。

音読初心者の方は、音読を何回やればいいのか不安になるものです。

 
僕のやっている回数で本当に効果あるのかな…..

 

音読パッケージなら回数を指定入れくれるので、余計な不安を持たす、まずはただ取り組むことに集中できます。

慣れてきたら音読の回数もおおよそ自分で決められるようになってきます。

⇒【音読パッケージの回数




音読パッケージ やり方

音読パッケージは大きく分けて、4つのドリルを1セットとして行います。

例:1周目

・テキストを見ながら復唱(リピーティング) 5回

・音読 15回

・テキストを見ないで復唱(リピーティング) 5回

・シャドーイング 5回

合計30回の音読。
これを何周もやっていきます。

2周目は各数を減らし、合計20回になります。

周回するたびに回数は減らしていきます。
音読もスラスラできるようになるので徐々に楽になっていきます。

一番きついのは始めたばかりの1周目です。

 

音読パッケージの1周目は地獄

先行リスニングのやり方

聴き解きのやり方

本書の使い方:サイクル回し

リピーテキングができない人はテキスト読みでOK

 

あわせて読みたい
音読する場所がない!家族に聞こえて恥ずかしい!どこでも声を出せる道具"防音マイク"を紹介。人前で音読するのって恥ずかしいんですよね。 ましてや英語であるならなおさら。 「なにカッコつけて喋ってんのー?」 ...
あわせて読みたい
【英語音読はどこでやる?】電車、カフェ、カラオケ、自習室などの場所を解説。迷惑だったり恥ずかしくてできない問題を解決。音読をする上で頻繁に出る問題、それは「場所」についてです。 音読は声を発する作業なので、周りにも音は漏れます。 普通...

音読パッケージ 勉強時間(量)

音読パッケージ1冊にかかる時間はおおよそ100時間です。

1日1時間なら3ヶ月。

1日2時間なら1ヶ月半です。

 

驚くかもしれませんが、これくらいかかります。

 

英語学習は普通の資格試験とは違います。

片手間の30〜50時間ではほぼ何も変わらないでしょう。

小手先の技術でTOEICの点数が上がるかもしれませんが、英語の能力は変わりません。

 

自分は単に点数をあげたいのか。

もしくは、英語ができるようになりたいのか。

 

今一度自問自答してください。

とにかく初期の土台作りにどれくらい時間をかけるかで英語学習の高速道路に乗れるかが決まります。

 

ちなみに僕は中級上級合わせて、音読には500時間費やしています。

 

まずは100周を目安に頑張ろう

一日一時間で3ヶ月続けよう

音読パッケージ500時間の感想

あわせて読みたい
音読パッケージの効果2倍!【基礎英語】ガチで組み合わせたい教材。1日10分でOK。音読パッケージと組み合わせて使って欲しい教材は、NHK基礎英語シリーズです。 基礎英語は音声で英語を学ぶ講座。 毎日10分で...
あわせて読みたい
なぜ仕事終わりに毎日3時間の英語勉強ができたのか、理由と方法を説明する。「英語の勉強が続かない。」 英語の勉強を始めた大半の方が悩んでいることだと思います。 残念ながら、毎日の継続なしに英...

音読パッケージ×TOEIC

音読パッケージは英語の能力を上げることを目的とした教材です。
TOEICの点数を上げるための教材ではありません。

しかし、結果としてTOEICの点数は上がります。

英語の能力が上がるのだから当たり前の話です。

 

「試験まで1ヶ月!なんとかしなといけない!」

こんな人には全くオススメしないので、他のTOEIC対策書がいいでしょう。

 

なんども言いますが、音読パッケージはTOEICの点数を上げるための教材ではありません。

しかし、結果としてTOEICの点数は上がります。

 

音読でTOEICリスニング点数アップ

音読パッケージでTOEIC900点

先に中学レベル文法を抑えること

音読をやるにあたって、中学レベルの文法を押さえておくことは必須です。
なぜなら、意味のわからない文を音読しても、絶対に上達しないからです。

スラスラ読める必要は全くありませんが、ゆっくり読んで意味がわかるレベルまでは必要です。

音読パッケージであろうとなかろうと、音読するのであれば中学レベルの文法知識は絶対いります。

音読パッケージ初級自体はは中学レベル。

もし、音読パッケージを読んで、一つも意味がわからないとなれば、中学文法からやり直しましょう。(第一章は難しいので読めなくてもOK

 

僕は「基礎英語1」と「ひとつひとつわかりやすく」と使いました。

基礎英語1

音読パッケージの前に始め、そのあとも一緒に並行して進めたのが基礎英語シリーズです。

まずは基礎英語1から始めました。

音読パッケージの文の意味がわからなかったので、基礎英語で中学の英文法を抑えました。

 

正直、無料でダウンロードした教材に、ここまでお世話になるとは思ってもいませんでした。

⇒【基礎英語で”TOEIC700点”超えた方の話

あわせて読みたい
【NHK基礎英語1】TOEIC900の始まり。まずは毎日の勉強を続けることから始めよう。超簡単な1日10分の音声講座。僕がまず一番最初に始めた英語勉強は「基礎英語1」です。 基礎英語1の特徴は毎日続けられること。 1日10分の勉強だから、絶対...

 

中学英語をひとつひとつわかりやすく

一冊で中学3年間をおさらいできます。

中学文法書ならなんだって構いません。

とにかく中学の文法を抑えずに音読パッケージをやるのはやめた方がいいです。

音読の効果が全く発揮されません。

音読の前に”中学の文法”をおさえよう

あわせて読みたい
【使った教材一覧!】オレ流の"英語上達完全マップ"の道筋。まずは発音、そしてあとは音読。英語上達完全マップを元に学習を進めていく時、使う教材に指定はないですが、オススメの教材があるのも事実です。 教材の選び方は、より有...

 

他にオススメの音読教材

音読パッケージの目的は音読をすること。
となると、音読パッケージでなくても別にいいわけです。

音読パッケージはあくまで音読するためのツール。

中学の教科書でも、センター赤本でも音読はできます。

 

僕はいろんな本で音読をしてきました。

音読パッケージを使わないとなると、オススメできるのは以下の2点です。

本屋に音読パッケージが売っていなければ、これら3冊のどれかで構いません。

とは言っても、やはり一番は音読パッケージ。冒頭で理由は述べましたが、20冊くらいの音読教材をやってみた僕の率直な感想です。

音読に慣れた2冊目以降は、他の教材を使ってみるのもOKです。

 

無料で音読!おすすめの教材

音読パッケージの次は速読英単語

徹底比較!”ぜったい音読”と音読パッケージ

あわせて読みたい
英語【オススメの音読教材はどれ!?】1000時間費やした僕が、難易度・分量、面白さなどを徹底レビュー。「英語学習=音読」が信念であり、それを実践してきた僕が色んな音読教材をレビューしていきます。 英語の音読には1000時間以上費やし...
あわせて読みたい
TOEIC700までの最短の道筋。NHK英語講座をひたすら音読。スマホにダウンロードするだけで使える音声講座。今回は50冊以上教材を買ってきた僕が、いまTOEIC700点を目指すとなった場合、最短で達成する方法をご紹介します。 使う教材は2種類...




音読パッケージを続ける方法

音読をする上で一番の強敵。

それは自分です。

 

自己啓発書まがいなことを言ってますが、マジで辛いです。

「今日は仕事頑張ったし寝よう」

「明日やればいいだろう」

「音読意味ないしやめておこうかな」

 

本当に続かず、自己嫌悪になると思います。

しかし音読学習が続かないのは精神力が弱いからではありません。

 

物事を継続する方法を知らないだけなのです。

人間の仕組みを理解し、知識をつければコツコツ継続できるようになります。

継続を管理してくれるアプリ

勉強がだるい!サッと取り掛かるコツ

大きい目標はダメ!(習慣化のコツ)

飽きる音読を楽しく勉強する方法

音読と並行して進めたい勉強

ある程度慣れてきたらでいいので、一緒に並行することでさらに英語力が上がる教材を紹介します。

“文法”を学んで効果2倍

音読の効果を上げるためには、「構造・意味を理解した文を口に出すこと」が必須です。

そのためには、前述したように「文法理解」がかなり大事になります。

 

音読パッケージの前に、中学の文法を学ぶことは大事ですが、並行して文法の知識をアップデートしていくことはもっと重要です。

 

音読パッケージだけでは、新しい文法の知識を習得する機会は確実に不足します。

 
これはどういう文法だったっけ?やべえ、忘れた…。

 

やっているとどうしてもただ読むだけになり、文法の意識も薄くなりがちです。

 

この状況を避けるため、音読パッケージをしつつ文法知識のメンテナンスが重要です。

 

音読と並行して、文法を復習・予習します。
そしてその知識を、音読で反復練習するのです。

 

文法を定期的に学ぶだけで、音読パッケージの効果は2〜3倍高まります。

 

そのために僕が使っていたのはNHK基礎英語

文法をメインに、単語発音も学べる音声講座です。

基礎英語のおすすめポイントは、毎日10分だけでいいこと。

あくまでメインは音読パッケージなので、他の教材で負担を増やしたくありません。

音読と並行して、毎日10分で文法を学び、より効率的に音読パッケージを進めましょう。

 

文法を学べば、音読パッケージの内容の理解も早まり、結果的に時間短縮にも繋がります。

 

なんども言いますが、音読の効果を高めるために文法の理解を深めることは必須なんです。

音読をしない日はあっても、基礎英語は絶対に聞いたほうがいいです。

 

割といい値段する教材が、今なら無料でゲットできるので、DLしといて損はないかと。

あわせて読みたい
音読パッケージの効果2倍!【基礎英語】ガチで組み合わせたい教材。1日10分でOK。音読パッケージと組み合わせて使って欲しい教材は、NHK基礎英語シリーズです。 基礎英語は音声で英語を学ぶ講座。 毎日10分で...

 

正しい発音で音読する

音読も慣れてきたら、軽くでいいので発音も進めたいところ。
音読中に発音練習もできて一石二鳥になります。

この辺は僕は遠回りしたので、先にやっておきたかったです。

発音を学べば、音読をしながら反復練習もできます。

あわせて読みたい
英語耳は中学生・社会人の再学習にもおすすめ!発音を最初に学ぶべき理由。英語学習を始めた方は、まず最初に発音から学ぶべきです。 特に中学生や再学習する社会人の方には強くオススメします。 発音を最初に学...

 

瞬間英作文で、英語を使える知識に

音読をしただけでは、英語を話せるようにはなりません。

音読自体は知識を溜め込む作業。
これは一番重要であり、英語学習の中核をなしますが、話すとなると不十分です。

瞬間英作文をすれば、溜め込んだ英文を「使える知識」にできます。

音読で身体に溜め込んだ英文たちに命を吹き込む役割です。

あわせて読みたい
【瞬間英作文】これぞ、英語を話せるようになる方法。リスニング、文法、TOEICにも強くなる。瞬間英作文をやると英語が話せるようになります。 やり方は簡単。 日本語を見て、自分で英語を作るだけです。 (こ...

 

音読パッケージの紹介は以上になります。

音読を始めるのなら、絶対に間違いない一冊です。

もし音読パッケージで困ったことがあれば、本サイトを参考にしてください。
また、音読に関してわからないことは「お問い合わせフォーム」もしくは「コメント欄」にて、なんでも言ってください!

無料で使えるおすすめの教材8選

20冊以上の”音読教材”を徹底比較!

TOEIC900までに使った教材

初心者にオススメの”洋書”

あわせて読みたい
音読をすれば、英語は独学でできるようになる。マジでみんなに知ってほしい勉強法。偏差値40の高校を卒業し、うだつの上がらない会社員だった僕が、英語の勉強を始めた時、まず最初に取り掛かったのは音読でした。 結局、...
あわせて読みたい
whyから始めよう。なぜあなたは英語を勉強するのか。中途半端な覚悟ならやめた方がいい。英語力やTOEICの点数を上げるのはそれほど難しいことではありません。 既に世の中にはノウハウがごまんと出ています。 ...
今なら0円!「一億人」の音声講座

"一億人の英文法"の音声講座が今なら無料。 名前は「ラジオ英会話」 初心者・挫折した方におすすめ。 著者は同じで、より簡単で丁寧な音声教材。  通常"19,500円"が今なら"0円"(スマホでDL可能) 先に聴けば、一億人の英文法をスラスラ読める。通勤中の1日15分だけでOK。 (紹介記事

今だけ無料!おすすめの英語音声

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です