サイトマップ(記事早見表)
人気記事

【英語】読めるけど話せない。圧倒的練習不足。そもそも「話す」ということを勘違いしている。



【完全版】TOEIC900までの教科書

中学、高校、大学と必死に英語を勉強していきたのに、話せない。

それの原因として、「日本の英語教育は意味ない」と言い出す始末。

 

確かに学校教育で英語は話せるようにならないでしょう。

しかし、それは学校教育の英語が間違っているのではなく、そもそも話すためのトレーニングをしていないからです。

 

今回は英語を読めるけど話せない理由解決法について解説します。

 

⇒【TOEIC900までに使った教材

 




TOEIC"295"→"900"までのロードマップ!

 

⇒【TOEIC900点までのロードマップ

 

英語が話せない=英文を作ることができない

「英語が話せない」というのは大きく2つに分けられます。

・発音がわからなくて話せない

・英文を作ることができなくて話せない

 

今回扱うのは、「英文を作ることができなくて話せない」の方です。

なぜなら、別にカタカナ英語であろうと、英文を作ることさえできれば、あとは恥ずかしがるかどうかの問題だからです。

 

インプットとアウトプット、それぞれ別のトレーニングが必要

僕らが学校で鍛えてきたのは英文を読んだり聞いたりする力。

すなわち、インプットです。

 

一方、英文を話す能力。

これは英作文の力と同じであり、アウトプットです。

僕らに欠けているのは、何もないところから英文を一から作る能力なのです。

 

あとはそれを話すか書くかの違い。

話すことができるというのは、言いたいことを文章にさっと作ることできるということなのです。

 

話すと読む能力を一緒くたに英語の力と考えるから、「どうして話せないんだ!」となるんです。

 

目の前に読める英文がある。

しかし、その英文を作ることができるかはまた別の話なのです。

 

頭の中で英文を作る練習をする

英語を読んでるだけ、聞いてるだけで話せるようにならないのはそもそも当たり前。

学校はそのような話すためのプログラムは一切組まれていないので、僕らは話すための練習を一切してきていません。

(もしかしたら、学校側は話せるようになる思っているのかもしれませんが)

 

話すための練習として必要なのは、瞬間英作文です。

これはもはや会話の練習と言ってもいいでしょう。

 

自分の言いたいことをとっさに英語で言うトレーニング。

 

例えば、日本語の例文10個を並べます。

その日本語をみて、とっさに英語を考えて口から発するのです。

このペンはあなたのです → This pen is yours.

昨日いた女の人はだれ? → Who was the girl who was with you yesterday?

瞬間英作文はこれをひたすら繰り返していくトレーニングです、

通訳の養成学校などでも、 この瞬間英作文が行われています。

 

あわせて読みたい
【瞬間英作文】これぞ、英語を話せるようになる方法。リスニング、文法、TOEICにも強くなる。瞬間英作文をやると英語が話せるようになります。 やり方は簡単。 日本語を見て、自分で英語を作るだけです。 (こ...

 




話すためには量が必要

話せるようになるための方法はわかりました。

しかし、そう簡単にはいきません。

 

なんてたって僕らは、話す能力に関しては中学1年生レベルなんです。

いくら高学歴であろうと、英文作成能力は一から鍛えていく必要があります。

 

瞬間英作文も同じ例文を何度も繰り返すうちに、少しずつ言いたいことが言えるようになってきます。

まさしくスポーツのトレーニングと同じです。

 

 

読めるのに話せない原因は以上です。

そもそも「読めるのになぜ話せないのか」という疑問が間違っています。

 

読む能力と話す能力は別物。

ただし、読む能力が高ければ、文法や単語など英文を作るパーツや基盤が揃っているので上達は早いでしょう。

スポーツの練習のように、話す練習も繰り返しです。

 

頑張ってください!

⇒【瞬間英作文をやってみた効果

⇒【一日の分量は?(瞬間英作文)

⇒【どっちが先?音読と瞬間英作文

⇒【TOEIC900までの勉強法・使った教材

 

あわせて読みたい
音読をすれば、英語は独学でできるようになる。マジでみんなに知ってほしい勉強法。偏差値40の高校を卒業し、うだつの上がらない会社員だった僕が、英語の勉強を始めた時、まず最初に取り掛かったのは音読でした。 結局、...

 

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です