サイトマップ(記事早見表)
記憶術

【英単語】長期記憶のするために、勉強の間に睡眠(昼寝)をとろう。



【完全版】TOEIC900までの教科書

「全然覚えられない…。」

勉強をしていて、新しいことを記憶するというのは難しいものです。

記憶は単語に限らず、文法や発音など、英語学習全てに必要になってきます。

 

英語における記憶で大切なのは、長期記憶にすること。

なぜなら、明日のテストの点を取るためではなく、英語は人生を通して培っていくものだからです。

 

今回はそんな英語を長期記憶させるための勉強と睡眠の方法を解説します。

 

 

⇒【TOEIC900までに使った教材

 




TOEIC"295"→"900"までのロードマップ!

 

⇒【TOEIC900点までのロードマップ

 

昼寝をする

勉強後に昼寝!

英語を長期記憶化させるためにいい方法は、昼寝をすることです。

普段昼寝をされない方はびっくりされるかもしれません。

 

この昼寝、ただ休むだけではなく、勉強にも非常に効果的なのです。

昼寝をすることで脳の情報が整理されます。

 

脳に情報を整理させる時間を作る

勉強をした後に昼寝をすることで、脳に情報を何も与えない時間を作ります。

この時に脳は情報を整理するのです。

 

多くの人がぶっ通しで勉強したり、スマホをいじったりして常に脳に情報を与え続けています。

これでは脳が休まらなく、情報の整理ができないために長期記憶になりにくいのです。

 

特に苦手分野であればあるほど、一旦勉強した後は、昼寝を取り入れてから再度勉強を始めるのがいいでしょう。

 

昼寝の時間は特に気にしなくていい

とはいえ、そんなに多くの昼寝時間は取れないかもしれません。

15分から30分で十分です。

 

6分間、目を瞑っているだけでも効果があります。

なぜなら情報を入れない時間が大切だからです。

 

⇒【仕事終わりでも、毎日3時間勉強ができた理由

 




夜勉強して、朝また勉強する

勉強は夜から始める

多くに人が朝から勉強を開始し、夜まで勉強します。

しかしこのやり方は記憶の観点から言って、間違っています。

 

大切なのは間に睡眠を挟むことです。

勉強

✖️朝→夜

◯夜→睡眠→朝

例えば、1つの本を読むとして、夜から勉強に取りかかります。

 

初めての分野を勉強する際は、わからないことが多く、脳に大変負荷がかかっています。

それに対しどんどん新しいことを詰め込むので、脳が全然覚えられないのです。

 

ベストは夜にまず大枠を掴むことです。

夜にその範囲の骨組みを勉強します。

細かくまではやりません。

 

そして次の日の朝から細かいところまでやります。

前の日に勉強したことが脳で整理されているので、ぶっ通しでやるよりも効率がかなり変わります。

勉強が楽になります。

苦手な勉強難しい範囲ほど、このやり方が効率的です。

 

単語帳の初めての分野に挑む際もこの方法を取り入れましょう。

前の日はパラパラと大枠を掴み、次の日の朝に気合を入れて覚えるのです。

 

⇒【英単語 暗記のコツは想起

 

大事なのは間に睡眠を入れること

効率よく勉強し、長期記憶に入れるために大事なことは、間に睡眠を入れることです。

昼寝法と夜朝勉法の2つがあります。

 

ぶっ通しで勉強するのは集中力も持ちませんし、記憶にもよくありません。

間に睡眠を挟み、脳に情報を整理させる時間を作りましょう。

 

⇒【大きい目標はダメ!(習慣化のコツ)

⇒【勉強がだるい!サッと取り掛かるコツ

⇒【TOEIC900までの勉強法・使った教材

 

あわせて読みたい
モチベーションがなくても勉強する方法。歯磨きや風呂にやる気は必要ない。英語勉強も全く同じこと。 このような人はまずいないと思います。 しかし英語学習となると、「モチベーションがないから今日は勉強...

 

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です