サイトマップ(記事早見表)
シャドーイング

【速読英単語 シャドーイングの効果】リスニングと長文練習がどこでもできる!



【完全版】TOEIC900までの教科書

速読英単語のオススメの勉強法はなんといってもシャドーイングです。

シャドーイングのいいところは

・移動中など、どこでもできること

・退屈でないこと

・速いスピードで文章を理解させられること

 

今回はそんな速読英単語のシャドーイングの効果やり方を解説します。

 

 

⇒【TOEIC900までに使った教材

⇒【速読英単語 使い方と学習法

 




【完全版】TOEIC900点までの教科書

 

⇒【"完全版" TOEIC900までの教科書

 

シャドーイングのやり方

シャドーイングのやり方は簡単。

音声を流し、ワンテンポ遅れた後に自分も同じ文を読むのです。

 

CD音声についていくだけですね。

何も見ずに音声だけでやるのがベストですが、できない方はテキストを見ながらでもいいです。

 

初めは読みながら文章の理解できなかったり、ただ暗記して読んでいるだけの感覚になりますが、問題ありません。

徐々に慣れていきて、意味状況をイメージしながらシャドーイングできるようになります。

 

シャドーイングの効果

シャドーイングの効果はなんと言ってもリスニング力長文読解力が上がることです。

なぜならシャドーイングはCDの音声についていかないといけない作業

 

CDの音声は僕らが普段英文を読んでいるスピードよりも速いのです。

そのスピードに合わせ、文章を何も見ずに読むことでかなり負荷のかかるトレーニングになっています。

 

だからこそ、リスニングの速いスピードについていけるようになるし、長文もスラスラと読めるようになるのです。

 

まあ始めの頃は速すぎて全然できませんけど。笑

 

⇒【高学歴なのに聴き取れない理由

⇒【長文が苦手なのは”英語回路“がないから

 

文をスラスラ読めることが先

そもそも「リスニングができない」と言っている人は、文章であってもスラスラ読めない文に対してそう言っていることがほとんどです。

 

スラスラ読むことができない文章は、絶対にリスニングで聞き取ることはできません。

つまり文の意味をスラスラ理解できるようになることが先決です。

 

もしもシャドーイングができない場合は、テキストを見ながらシャドーイング

それも厳しい場合は音声なしの音読

もっと言うと黙読でもいいので先に意味を理解しましょう。

 

意味をゆっくりと理解してから、シャドーイングに入るのでも十分効果はあります。

 

あわせて読みたい
【速読英単語の使い方】死ぬほど"音読"でOK。入門・必修・上級の学習法。速読英単語シリーズには入門。必修・上級で大変お世話になりました。 単語を覚えるための教材としてだけでなく、何より長文に強くなること...

 




音読練習を終えてから臨むのがベスト

音読習慣がない方はいきなりシャドーイングに入るのはオススメしません。

やはりまずはCDを使わない音読をじっくりすることでしょう。

 

音読をやり込んだ文であれば、外でもCD音声だけで十分シャドーイングができるようになります。

ないより大切なのは自分が理解できる文でないと意味がないということです。

 

初心者の方には音読を先に進めています。

 

速読英単語のシャドーイングについての解説は以上です。

 

⇒【音読のやり方・回数(速読英単語)

⇒【“音読”が全ての始まり!

⇒【TOEIC900までの勉強法・使った教材

⇒【暗記のコツは想起にあり

 

 

【完全版】TOEIC900点までの勉強法

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です