サイトマップ(記事早見表)
人気記事

【英語勉強が続かない!】Study Plusで時間管理。1000時間継続するためのアプリを紹介。



【完全版】TOEIC900までの教科書

英語学習をするのであれば、毎日の勉強時間を記録することはすごく大切です。

「今日はこれだけできた!」

「昨日の勉強時間より少ない!まだやろう」

「今月は100時間達成!」

 

記録を残すことで毎日の勉強が継続しやすくなります。

今回ご紹介するアプリをぜひ、みなさんにも使っていただきたいのです。

 

⇒【TOEIC900までに使った教材

 




【完全版】TOEIC900点までの教科書

 

⇒【"完全版" TOEIC900までの教科書

 

勉強時間を管理

僕が英語の勉強を継続するために使っていたアプリはStudyPlusです。

スタディサプリではありません。

スタディプラスという無料アプリです。

 

スタディプラスできることは毎日の勉強時間を計ること

 

そして目的は、目標の勉強時間を設定し、毎日の勉強の継続です。

 

「今日は何時間やったか」

「このままでは今月の目標に追いつくのか」

 

毎日記録に残すことにより、随時このような意識を持って生活することができます。

結果、英語の勉強が続きます。

 

ちなみに僕はTOEIC900点までに1000時間ほどかかっています。

(写真はそのあとの合計時間)

 

⇒【カレンダーを使った習慣化のコツ

 

結局は量がものを言う

英語学習では、とにかく勉強時間にこだわることが大切です。

「量より質が大事」

 

いや、量です。

とにかく量にこだわって勉強することが大事です。

 

今日は何ページやった。

今日は何時間やった。

 

確かに質は大事なのですが、それは1000時間後くらいからやっと意識できるようになります。

そもそも何ですか質って。

 

ぼんやりとしたもの指標に管理するのは失敗の原因になります。

特に初期の頃であるほど、ページ数時間という客観的に判断できる指標で自分を管理しましょう。

 

だからこそ毎日の勉強量、勉強時間の管理を強くお勧めするのです。

 

⇒【まずは毎日1時間の音読から

⇒【目標が大きいのはダメ!(習慣化のコツ)

 

教材ごとに勉強時間を管理

スタディプラスのいいところは、教材ごとに時間を管理できることです。

瞬間英作文は何時間、音読パッケージは何時間というふうに。

 

 
音読はできているけど、文法学習が足りていないな。

 

その教材に対しどれくらい頑張ったかもわかるのでやっていて達成感も生まれます。

僕が音読パッケージにめちゃくちゃ時間を費やしたという自信があるのも、時間を知っているからです。

 

⇒【音読500時間を終えた感想

 

みんなの勉強でモチベーションがアップ

さらに機能として、同じ目標の仲間の勉強時間も把握することができます。

僕はTOEIC900を目標に設定したので、そのような仲間の情報が流れてきます。

 

 
みんなやってる!俺も頑張らないと!

 

少しはモチベーションアップに役立ってくれますよ。

あと、使っている教材が把握できるのもいいですね。

 

⇒【TOEIC900までに使った教材

⇒【TOEIC スコア別の学習法・教材

 




コミュニティに属して質疑応答

その他には各目標に適したコミュニティも存在します。

コミュニティでは質疑応答もOK。

 

他人の質問も参考になったりしますね。

 

目指せ1000時間

一から英語勉強を始めるのであれば、とにかく1000時間を目指しましょう。

1000時間なんて一生たどり着かないように思えますが、毎日やれば絶対にたどり着きます。

 

合計時間はあまり意識せず、毎日の勉強時間を意識するのです。

「今日3時間やろう」

「眠いけどせめて1時間やろう」

 

結局1000時間はそうした時間の積み重ねにあります。

正しい方法で1000時間勉強すれば確実に報われます。

 

英語学習のいいところはそこですね。

量をやれば返ってくること。

 

リターンが決まっていることって世の中そうそうないですよ。

 

千里の道も一歩から。

ぜひ頑張ってください。

 

⇒【Study Plus(無料)

 

⇒【英語学習にモチベーションは不要

⇒【英語は根性と忍耐のスポーツ

⇒【簡単に勉強を始める方法

⇒【目標が大きいのはダメ!(習慣化のコツ)

⇒【カレンダーを使った習慣化のコツ

 

【完全版】TOEIC900点までの勉強法

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です