サイトマップ(記事早見表)
教材・参考書 紹介

【瞬間英作文 一日の分量】毎日15分をコツコツやる方法がおすすめ。



【完全版】TOEIC900までの教科書

瞬間英作文は一日どれくらいいのか悩みもの。

結論から言うと、一日15分でも十分OKです。

 

 

毎日15分を続ければ、外国人と英語で意思疎通がとれるようになります。

ペラペラとはまでは言わないまでも、話せるようになるのはガチです。

(もちろん、他の英語勉強と並行してですが。)

 

今回はそんな瞬間英作文のやるべき量について解説します。

 

⇒【TOEIC900までに使った教材

⇒【瞬間英作文と音読パッケージどっちが先?

 




TOEIC"295"→"900"までのロードマップ!

 

⇒【TOEIC900点までのロードマップ

 

瞬間英作文は1日、15分〜30分

僕の場合、瞬間英作文はあくまで英語学習のサブとして行なっていました。

「今すぐ海外にいきたい!」

「今すぐ外国人と話したい!」

そんな方はメインとしてがっつりやっていただいてもいいと思いますが、普通の英語学者はサブでいいと思います。

 

メインを音読で進めていったほうがよっぽど効率的です。

 

何より、こんな脳に負荷のかかるものを毎日1〜2時間もやってられません。

音読のついでにやりましょう。

 

僕の場合は朝起きてからの15分を瞬間英作文に当てていました。

前の日にベットに置いておいて、朝起きたらベットの上でそのまま瞬間英作文を始めるのです!

15分タイマーがなるまで絶対にやめてはいけません。

量ではなく、時間でやる量を決めます。

 

このやり方、めちゃくちゃおすすめです。

誰だって毎日起きますから、絶対に逃げられないのです。

その代わり、いつもより15分早めに起きてくださいね。

 

⇒【英語学習を続けるコツは”小さな目標”

 

パート1を終わらせてから、パート2に進もう。

まずはパート1を10周するまで、パート2はやらないほうがいいと思います。

毎日15分だけやって、パート1を10周します。

7、8周ほどすると、15分で一周できるようになります。

 

「15分じゃ足りない!」

という人は30分でも1時間でもやってください。

僕は途中からポンポン言えるようになって楽しかったので毎日朝30分はやってました。

 

パート2が10周終わったら、パート3も10周というふうに回していきましょう。

 

全パート10周終われば、あとは通しで5周ほどすればいいでしょう。

だいぶ早く言えるようになっているのでそれほど時間もかかりません。

 

⇒【カレンダーを使えば英語が習慣になる

⇒【英語学習にモチベーションは不要

 




まとめ

・瞬間英作文は毎朝起きたら、そのままベットの上で15分だけやるのがおすすめ

・まずはパート1を10周終わらせる

・全パート各10周終われば、パート1〜3を通しで5周ほどする

 

2ヶ月ほどかかるかもしれませんが、この本はあくまでサブです。音読や自分がやっている文法書などがメインにすることをおすすめします。

特に、音読と並行してやることを強くおすすめします。

 

ちなみに瞬間英作文は、電車の中でもイヤホンつけて口に出さずに考えるだけでも相当意味あります。

頑張っていきましょう。

 

⇒【瞬間英作文と音読パッケージどっちが先?

⇒【TOEIC900までに使った教材

⇒【全ては音読パッケージから始まった

⇒【音読で手に入る英語回路とは

⇒【習慣化のコツ:スモールゴール

⇒【習慣化のコツ:カレンダー法

 

 

 

管理人おすすめ英語本

 

[参考記事:音読パッケージの前に終わらせておきたい1冊]

 

[参考記事:音読パッケージと並行して進めたい文法書]

 

[参考記事:読むと英語に対する感覚が180°変わる一冊。音読パッケージと合わせて読むと効果抜群]

[参考記事:音読パッケージ初級の次はこれ]

 

【完全版】TOEIC900までの教科書

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です